その未使用品、大丈夫ですか?


20160228_01

 

こんにちわ。

苧野(おの)です。

 

先日、ハードオフで遭遇したお宝商品についてお話しましたが、リサイクルショップでは
「利益が出るか赤字が出るか」紙一重の商品もあるので、やっぱり注意が必要ですね。

 

何度かお話しているように、私はここ最近中古品はほぼ扱っておらず、新品のみに絞っています。

リサイクルショップで新品といえば、「未使用品」ということになります。

なので、この未使用品を狙う訳ですが、未使用品にもいくつかパターンがあります。

 

① 未開封品

メーカー純正箱があって、開封口に貼られたシールやテープが剥がされた形跡がない未開封商品。

これは文句なく完璧な新品です。

 

② 完全未使用品

メーカー純正箱があって、開封口にはシールやテープが貼られていない商品。

外見では箱の開封状況は分からない。

ただし、中身は本体や付属品がビニール袋等に綺麗に納められていて、
欠品もなく完全に未使用状態の商品。

これも新品で出品です。

 

③ 開封・完全未使用品

メーカー純正箱があって、開封口に貼られたシールやテープが剥がされた形跡がある商品。

ただし、中身は本体や付属品が ビニール袋等に綺麗に納められていて
欠品もなく完全に未使用状態の商品。

この場合は、基本的には中古品-ほぼ新品-になります。

ただ、掃除機や季節家電等の大型商品の場合は、外箱の開封状況をそこまでシビアに
見るお客様も少ないので、新品で出す場合もあります。

 

④ 開封・使用痕のある未使用品

メーカー純正箱はあるものの、中身の本体や付属品が、ビニール袋開封痕があったり、
コードの結束が外されていたりして使用痕のある商品。

これは中古品になります。

 

⑤ メーカー純正箱のない未使用品

メーカー純正箱がなく、本体+付属品だけの未使用品。

これは完全な中古品です。

 

という感じで、細かく分けてみると、結構いろんなパターンがありますよね。

 

しかし、④や⑤については、個人的には「未使用品」とか書いてほしくないところです。

④は特に。

値札に書かれた「未使用品」を鵜呑みにして、中身もチェックせずに①もしくは②のつもりで購入。

そして帰ってから「あちゃー」と気付く。

利益が出る商品のはずが、これで一気に赤字の出る商品に早変わりです。

本当に、分かっているはずでも、油断してボーっとして中身の確認を忘れたりする
自分がバカなんですけど…

 

ということで、一言で未使用品といってもその状況はさまざまですので、
しっかりと状況を確認して、新品で出せるかどうかを冷静に判断したうえで、
仕入れるようにしましょう。

 

特に、「未使用品」というだけで浮かれてしまっているときは要注意です。

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

それではまた明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

副業!転売ビジネス実践ブログ © 2015 Frontier Theme