大型商品の梱包方法


20160823_01

 

こんにちは、苧野(おの)です。

 

先日、店舗でこのような商品を新品で仕入れました。

20160823_HPプリンター

 

箱がデカい…

そして重い…

しかも3個…

 

でも、店頭価格¥21,000、Amazon最安が¥30,000前後ですから、

もちろん仕入ますよね。

で、車で家まで運び、車から作業部屋まで腰を痛めないよう

細心の注意を払いつつ持ち運び。

 

ここまでは通常サイズの商品と同じです。

 

ただ、大型商品の場合、ここからが面倒ですよね。

FBA納品に際して梱包をどうすればいいのか?

 

大型商品を扱い出した当初は、あれこれ悩みました。

 

ベストはさらに大きなダンボール箱に入れて梱包すること。

でも、そんな都合のいいサイズのダンボール箱を常備している

わけないし、いちいち探して調達するのも面倒ですよね。

買ったりすると結構高いし。

 

巻きダンボールがいいのでは?

サイズを気にする必要なく梱包できるのはいいけど、

結構な作業スペースが必要だし、梱包作業も大変そう…

 

では、プチプチのエアキャップは?

巻きダンボールと同じく作業スペースは必要だけど、

巻きダンボールよりは取り回しが楽だし、、、

 

ん~~、これしかない!

 

ということで、当初はエアキャップで包んで、

そこにラベルを貼って発送してました。

 

これで、運送の衝撃もある程度吸収するし、

箱に傷やラベル剥がしの痕も付かない。

Amazonも受領してくれるし、問題なし。

 

でも、数量が増えてくると、とてもとても手間暇がかかることに

気付きました。

プリンターを5個とか10個とか仕入れると、梱包だけで

結構な時間を浪費してしまう。

 

そこで、あるとき思い切ってエアキャップの梱包をやめました。

ラベルをメーカー純正箱に直貼りで、そのまま納品するわけです。

 

もしかすると、運送で箱に傷が付いたり、ラベル剥がしの痕が

付いたりして、クレームをもらったりすることもあるかと

覚悟してましたが、これまで1件もクレームはありませんでした。

 

正確な数量は分かりませんが、相当な数をそのまま納品で

捌いてきたので、自分の中では全く問題なしというレベルです。

 

ということで、冒頭に紹介した商品3個も梱包なし、

メーカー純正箱のまま納品し、3個とも無事購入されていきました。

 

大型商品で数量が増えてくると、この梱包の手間暇をいかに減らすか、

ということが重要になってきますので、これまで「そのまま納品」と

いう概念がなかった方は、是非参考にしてみてください。

 

ただし、

当然のことながら、クレームが絶対来ないという保証はないですし、

運送会社が運送中に箱を傷つけてしまい、それが原因で

Amazonから受取拒否されたという事例も聞いたことがありますので、

万全を期したい方は、多少面倒でもエアキャップで包んだ方が無難です。

 

唯一絶対の正解はありませんので、自分なりのベストを

探ってみてくださいね。

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

それではまた明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

副業!転売ビジネス実践ブログ © 2015 Frontier Theme