本の新品を出品するときはここに注意!


20160926_01

 

こんにちは、苧野(おの)です。

 

国内転売の原型、つまり最初に国内転売として行われていたのは、

ご存知「せどり」です。

 

今でこそどんな商材を扱っていても「せどり」って言われてますが、

昔は古本の転売のことを指していました。

 

しかし、今となっては本を扱う機会ってなかなかないですよね?

 

Amazonでどんなものでも販売できるのに、

本を扱うのは単価も安いし効率悪いですからね。

 

だからこそあまり知られていないのですが、

本を商材として取り扱う際に注意すべきことがあります。

正確に言うと、古本ではなく、新品の本を扱う際に注意すべきこと。

 

それは、「再販売価格維持制度」というものです。

 

「再販売価格維持制度」とは、

出版社が本の定価を決定し、発行してから一定期間は、

小売店が本の価格を変更して販売する事ができないという制度です。

簡単に言うと、本は値引きしても、値上げしてもいけない

という決まりごとです。

 

この制度があるので、Amazonで新品の本を定価以外の価格で

ご出品すると、自動で出品が停止となってしまうんですね。

 

これで困るのは、例えば、新品の本をプレミア価格で

出品したい場合などです。

新品なのに「新品」では出品できない。

 

ではどうするかというと、「中古品-ほぼ新品-」で

出品することになります。

 

例えば、こちらの本。
20160926_%e6%9c%ac_01

 

最近になって新品が完売し、中古でプレミア価格になっています。

 

出品者一覧を見てみると、
20160926_%e6%9c%ac_02

 

中古品-ほぼ新品- で出品されている商品説明の中で、

「新品未使用品」(赤枠部分)

と記載されていますよね。

 

このように、本の場合、

・新品の本は、定価以外の価格設定はできない。

・新品をプレミア価格で出品するのであれば、
 中古品-ほぼ新品- で出品する

 

というのが基本となることを覚えておきましょう。

 

ただし、例外もあったりします。

これについては・・・、また明日お話したいと思います!

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

それではまた明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

副業!転売ビジネス実践ブログ © 2015 Frontier Theme