本の新品でもプレ値の謎


20160927_01

 

こんにちは、苧野(おの)です。

 

昨日は、本を出品する場合の基本として、

・新品の本は、定価以外の価格設定はできない。

・新品をプレ値で出品するのであれば、中古品-ほぼ新品- で出品する

ということをお話しました。

 

ただ、全ての新品の本がこうなるわけではありません。

つまり、新品の本で、定価以外の価格設定ができる本もあったりします。

 

例えば、こちら。

グランブルーファンタジー・クロニクル vol.03

 

グラフのグリーン線に注目すると、9月14日に定価(¥850)の新品が完売してから、すぐ後に、¥1,980というプレ値の新品が出品されているのが分かります。

そして、21日に売れています。

 

「再販売価格維持制度」によって、新品の本は定価以外の価格は設定できないはずなのに、なぜこんなことができるのか?

 

これに関するAmazonテクニカルサポートの見解がこちらです↓

 

===================
お問い合わせいただきました、再販売価格維持制度についてご案内いたします。

ご出品者様のおっしゃる通り下記の認識で間違いはございません。

 

・再販指定商品については定価での販売が義務付けられている

・DVD付限定盤などで出版社が指定しないものについては自由価格

 

実際に新品でも価格以上の出品がされている商品に関しては、再販売価格維持制度に該当しないためかと存じます。

もちろん、該当する商品に定価以上で設定されると規約違反となり、在庫管理でステータスが規約違反で出品ができない状態になります。

その該当するしないの確認方法についてはAmazonでは確認が取れないため、出版社にご確認を頂くようお願い申し上げます。

===================

 

ということで、出版社が全ての本を再販指定するわけではなく、再販指定しない本もある、ということですね。

 

ただ事前に、どの本が再販指定されていて、どの本が指定されていないのか?ということは分からないので、

 

プレ値で出品したい新品の本については、

・既に新品がプレ値出品されていればそれにならう

・新品の出品がゼロの場合は、試しにプレ値で出品してみる

・そのまま出品できればOK

・出品停止されたら、中古品-ほぼ新品-でプレ値出品する

 

という感じで確認するようにしましょう。

 

「Amazonでは確認が取れない」とはいえ、出品してみて、そのまま出品できるのか、あるいは停止されるのか、で判定できますので。

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

それではまた明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

副業!転売ビジネス実践ブログ © 2015 Frontier Theme