モノレートに騙された?!


20161026_01

 

こんにちは、苧野(おの)です。

 

商品をリサーチする際に、モノレートを使って、最安値やランキング、価格変動、売れ行き等を確認しますよね。

 

そのときの検索ワードとして使うのは、商品の型番あるいはJANコードのどちらかじゃないでしょうか。

 

JANコードが分かれば、一番確実にモノレート上で商品を特定しやすいので、是非ともこちらを使いたいところです。

 

ただ、店舗でもネットでもJANコードが不明のときがありますよね。

店舗だったら、商品がショーケースの中に入っていてJANコードが見えないとか、ネットだとJANコードが記載されてないとか。

 

そんな場合は、型番が存在する商品なら型番を入力することになります。

そして、その検索結果として候補商品がいくつも表示される中で、どれかを選択して詳細情報を確認するわけですが…

 

このとき、半ば無意識に一番上に表示された商品を選択していませんか??

 

これは初心者の方というより、ある程度モノレートを使い込んできた方に多いんじゃないかと思いますが、だいたいの商品は、検索ワードの型番の商品がトップに表示されるので、それに慣れてくると条件反射のようにトップの商品を選択してしまうんですよね。

 

が、しかし!

これはちょっと危険な状態です。

 

というのも、たまに、検索ワードの型番と違う商品がトップに表示されるものがあるからです。

肝心の型番の商品はなぜか2番目や3番目にある。

 

そして、無意識、条件反射的にトップを選択していると、これに気付かないわけです。

なんせ、見た目同じとか、似たような商品だったりするので、なかなか気付きにくいんですね。

 

で・・・、

利益が取れるぜー!!と思って仕入をする。

家に帰って改めてJANコード入力で見てみる。

すると、なぜか赤字だー!!と慌てる。

 

こんな目に合ってしまう危険性があります。

 

実際、過去に私は一度やらかしてしまいましたw

そのときはホントにモノレートを恨みましたよ。

まあ、モノレートに騙されたというより、単純に自分が悪いんですけども。

 

それ以外にも途中で気付いたことも何度かあったし、もしかしたら結構あるあるなんじゃないでしょうかねw

 

とにかく、言うまでもなくこんな失敗は不要ですので、モノレートで表示された商品の型番をしっかりと確認してから、リサーチするように意識しましょう。

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

それではまた明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

副業!転売ビジネス実践ブログ © 2015 Frontier Theme