出品者側から仕掛けられないのか?


20161105_01

 

こんにちは、苧野(おの)です。

 

昨日は、ヤフオクからの直販についてお話させていただきました。

お客様から「同じのあったら購入するよ。」というオファーをいただいて、それに乗っかったという、たまたま的な話でしたね。

その後、読者のSさんから

「出品者側から仕掛ける方法もあったりするのかなという疑問もできてメールを見て考えたのは久しぶりでよかったです笑」

と感想をいただきました。

Sさん、ありがとうございます。

 

そうですよね。

ヤフオクから直販に繋げるのに、逆に出品者側から仕掛けることはできないのか?

と思いますよね。

 

相手からのオファーを待つのではなく、こちらから仕掛ける。

実はこれも難しいことではなく、簡単に出来てしまいます。

 

例えば、購入いただいた商品と同じ商品が在庫である場合、取引ナビのメッセージで

===================
この度購入頂きましたこちらの商品ですが、まだ在庫のご用意がございます。

ご希望ございましたら、今回と同額にて追加でご提供可能となっておりますので、よろしければご検討頂ければ幸いです。

追加をご希望の際には、お気兼ねなくお申し付け下さい。
===================

という感じでお伝えするだけです。

 

あるいは、同じような別の商品がある場合には、興味があれば詳細はメールでご案内しますと、メールアドレスを伝えておけばいいですね。

これらのオファーに乗ってくるかどうかは相手次第ですから、必ずうまくいくとは限りませんが、何もしないよりは次に繋がる可能性が高まります。

 

実際、私は別の出品者から上記のようなメッセージをもらって、同じ商品を複数個仕入れましたしねw

 

ということで、取り扱っている商品によってアプローチの仕方も違ってくるとは思いますが、ヤフオクで出品しているのであれば、

次の商談に繋げられないか?

直接販売に持ち込めないか?

を考えて、メッセージを送ってみるのもオモシロいと思います。

 

それにしても、我ながら、出品者としても購入者としても、いろいろと相手から仕掛けてもらって、勉強させてもらってますねw。

 

ヤフオクは、こういった人間味のあるやり取りができるところが、他のプラットフォームとは違う素敵なところだと思います。

何もしなくていいAmazonもいいけど、自由で人間味のあるヤフオクも魅力的ですよね。

なので、他でどれだけ稼げても、ヤフオクは続けていきたいなと思います。

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

副業!転売ビジネス実践ブログ © 2015 Frontier Theme