ドラッグストアの壁を超える!!(改)


20161111_01

 

こんにちは、苧野(おの)です。

 

先日、「ドラッグストアの壁を超える!」ということで、ドラッグストアカテゴリーへの出品申請時の判定基準がゆるくなっているというお話をしました。

 

記事はこちら

ドラッグストアの壁を超える!!

 

その後、読者のSさんからご質問をいただきました。

(Sさん、いつもありがとうございます!)

====================

本日の内容で気になったところなのですが、最近までは合計3点未満はダメで現在は30点未満はダメということですが、それって緩和されたということなのでしょうか?

私が無知すぎるのかもしれませんが、
ん?厳しくなってね?
と思ってしまいました!

====================

むむっ!

なるほど!

基準がゆるくなったという話なのに、請求書の条件は厳しくなってるじゃないか!それとも、これもゆるくなったということ?

 

読み返してみると、確かに訳分からないですね~。

 

読みやすく、分かりやすく、間違いなく、をモットーにブログ書いてますが、これはイカン!ということで、改めまして(汗)

 

まず、基準はゆるくなりました。

それは、以前何度もチャレンジして何度も振り落されてきた私が一発OKとなったので、間違いありません。

 

ポイントは、

以前は、Amazonの規程に書かれているとおり請求書を揃えて提出しても、許可が下りなかったのが、

現在は、Amazonの規定に書かれているとおり請求書を揃えて提出すると、許可が下りるようになったというところ。

 

以前はですね、Amazonテクサポに訊くと、

卸業者とはいっても、ネットで誰でも登録できるようなところは小売業者と見なすので、許可はおりない。

という話だったんです。

これはなかなか厳しいじゃないですか。

 

でも現在は、卸業者云々は関係なく、Amazonから電話がかかってきてそれに応対すれば許可が下ります。

 

ということで、訳の分からない(規定に書かれていない)

努力は必要なくなりました。

 

ただ、Amazonの規程に書かれている請求書の条件は厳しくなりました。

 

それが、

<最近まで>

各請求書に記載された該当商品の合計数量が3点未満の場合、審査できません。

↓↓↓

<現在>

各請求書に記載された該当商品の合計数量が30点未満の場合、審査できません。

というものです。

 

数量が10倍になってます。

まあ、でも、100円の商品を30点仕入れて3000円でもOKですからね。

大したことはありません。

 

まとめると、商品を30個仕入れて、Amazonの求める請求書を入手すれば誰でも通るということです。

 

※その他の細かい条件は、セラーセントラルのヘルプで、「出品許可の必要な商品カテゴリー」で検索してみてください。

 

ということで、改めて、、、

Amazonの気まぐれがいつまた起こるか分かりませんから、まだの方は是非今のうちに出品申請やっちゃいましょう!

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

副業!転売ビジネス実践ブログ © 2015 Frontier Theme