モノレートに謝ります。


20161120_01

 

こんにちは、苧野(おの)です。

 

最近、数日前からモノレートが変わってしまいましたね。

スマホで見ると何ら変化ないですが、PCで見るとガラッと見た目が変わってしまいました。

 

以前のオレンジベースのものから、何色って言うんでしょ、、、

群青色?みたいな落ち着いた色がベースになって、マークも買い物カゴ風になって、

ハッキリ言って見辛いっ!!

最初はそう思ってました。

 

機能は何も変えずに見た目だけ変えるとか、ほんと勘弁してほしいな~と。

やっぱり慣れ親しんだものが一番使いやすいですからね。

 

しかし、使い始めてしばらくして、トンデモない機能が追加されていることに気付きました。

 

これ、気付いてる人も当然いると思うんですけど、、、

めちゃくちゃ便利ですね。

これはマジで感動ものです。ほんとに。

 

その機能とは、こちらです。

20161120_mnrate

 

分かりました?

商品の分類で「新品」を選択すると、その下に、

「カート価格」、「プライム価格」、「アマゾン本体」

というタブが現れるんですね。

 

「カート価格」は文字通り。

「プライム価格」はFBAの最安値。

「アマゾン本体」はアマゾンの出品価格。

 

これらを選択すると、ただの最安値(緑)に重ねてグラフで表示されます。

 

そして、正確な数値はマウスをグラフにかぶせると表示されます。

20161120_mnrate_02

 

これはヤバいですよね!

これまでは自己発送とFBAごちゃ混ぜの最安値しか分からなかったのに、そのときどきのカート価格、FBA最安値、アマゾン在庫の価格(あるいはアマゾン在庫切れ)が分かるのは素晴らしすぎます!

 

さらに、右の方を見ると、「送料」、「上下拡大」というタブもあって、

「送料」は自己発送者の送料を加算

「上下拡大」はグラフを見やすく拡大

してくれるという、痒いところに手が届く機能。

 

これだけでもかなり感動ものですが、極め付けはこれですね!

20161120_mnrate_03

 

中古の状態ごとの最安値が分かってしまいます!

これは中古商品を扱う出品者にとっては垂涎の機能じゃないでしょうか!

 

残念ながら今は中古を扱ってないので直接的な恩恵はありませんが、スゴイ便利な機能であることは分かります。

 

他にも「価格比較」をクリックすると

MONO SEARCH

が起動して、他ショップの在庫や価格を検索してくれたり、、、

 

「新品プレミア商品」として、関連商品や類似商品でプレ値になってる商品を教えてくれたり、、、

 

モノレートは見た目だけじゃなく、機能的にもいろいろと進化しておりました。

最初に見辛いとか文句言って申し訳なかったです(笑)

 

ということで、進化したモノレートをバッチリ使いこなしていきましょう!

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

副業!転売ビジネス実践ブログ © 2015 Frontier Theme