レゴまでも~?!


lego_01

 

こんにちは、苧野(おの)です。

 

昨日、CDとDVDの出品制限についてお話しさせていただいたばかりですが、なんと!

レゴも出品制限がかかることになったようです。

 

CDと同じく、過去1年以内にレゴを販売していない人は出品制限がかかるという形で、昨日から始まったと。

 

レゴは年末商戦でも利益の取りやすい鉄板ブランドで、レゴの売上としても12月だけで1年の売上の30~40%を上げるというアツい時期のアツい商品だけに残念ですが、もうしょうがないですね。

Amazonの決定ですから。

 

他にもアツい商材はたくさんありますので、切り替えていきましょう。

 

それにしても、

------------------

Amazonがこれだけ大きくなってくると、影響範囲も各所に及んでいろんな衝突や軋轢を生み出し、それがAmazonに圧力として返ってきてどんどん規制が強くなる…

ということで、これからもこういった制限は続くでしょうから、

------------------

とは言ったものの、こんなすぐに続くとは・・・(汗)

 

Amazonで出品制限のかかっているブランドはちゃくちゃくと増えているわけですが、やっぱり海外ブランド中心ですね。

 

BOSE、Beats、LEGO、、、

 

だいたいが海外(欧米)で問題になって日本に飛び火してきて、遅かれ早かれ出品制限というパターンかと。

 

著作権とか意匠権とかなんたら権とか、すぐに訴訟だとか裁判だとか、いろいろうるさいですからね。

欧米は。

 

なので、これから特に海外ブランド製品はそういう可能性がある、と頭に入れておいた方が良さそうです。

そして、海外ブランド製品には依存しないように。

 

あ、あくまでAmazonでの販売においては、ですね。

 

AmazonではAmazonのルールに順応しながら扱える商品で戦い、Amazonで扱えない商品は販路を広げて戦う。

 

今後はますますこの多販路思考が重要になってきそうです。

 

とはいえ、いきなり多販路開始~とはいきませんので、きちんとステップを意識して準備を進めていきましょう。

 

備えあれば憂いなし。

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

副業!転売ビジネス実践ブログ © 2015 Frontier Theme