評価リクエストがポリシー違反?!


20161229_01

 

こんにちは、苧野(おの)です。

 

今年も残すところあと3日。

いろいろ忙しい方も、そうじゃない方も、さまざまいらっしゃると思いますが、物がたくさん売れたこの時期に忘れずやっておいた方がいいこと。

それが「評価リクエスト」ですね。

 

評価リクエスト… 地味ですからねw

ついついなおざりになりがち。

 

でも、新品の家電やゲーム、おもちゃをたくさん販売すればするほど、良い評価をたくさん集めるチャンスでもあるわけですから、ここはきちんと評価リクエストを出しておきましょう。

 

・・・と言っておきながらアレですが、めちゃくちゃ数多いと大変です(汗)

出しても出しても終わらない…

 

なんとかならんものかと思い、ネットを見てみると、やっぱりあるんですね~。

まさにドンピシャのサービスが。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ほったらかしでみるみる評価がたまる!
自動フォローアップメール配信ツール

有料月額制

30日無料お試し実施中
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今さら感あるし、月額というのも割高感あるし、でも、無料お試しは魅力的。

 

ん~~、、、

と更にネットを漂っていると、それどころじゃないネタを見つけてしまいました。

 

なんと!

最近Amazonのポリシー(ガイドライン、規約)に変更があって、

「評価を操作することは禁止」

となったようです。
Amazonマーケットプレイス出品規約
これがどういう影響があるかというと、評価リクエストの中に、

===================
良いと思われる場合は【5】
普通と思われる場合は【4】
悪いと感じられた場合は【3】
最低だと思われる場合は【2】もしくは【1】
===================

というような記述をしている場合、ポリシー違反になるらしいです。

そしてこれを破ると、最悪の場合アカウントの停止もあるみたい、とのこと。

 

ホンマかいな。

 

本当だとすると、ここ数日でポリシー違反のリクエストを大量に出したことになってしまうけど(汗)、
こういった情報はネットに書かれていることだけを鵜呑みにするのは危険です。

 

そもそも

「~だそうです。」
「~らしいです。」
「~みたいです。」

とどれも断定的に書かれていないし、解釈なんてAmazonじゃない限り正確には分かりませんからね。

 

ということで、まずAmazonに問合せることにしました。

上記の記述があるとポリシー違反になるのか?

 

サービスの話も、評価リクエストの続きもそれまでお預けです(トホホ…)

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

副業!転売ビジネス実践ブログ © 2015 Frontier Theme