いよいよ限界です。


 

こんにちは、苧野(おの)です。

 

=================
ヤマト運輸、荷物の抑制へ
人手不足で労働環境悪化
=================

 

今日、こんなニュースが掲載されてましたね。

http://www.asahi.com/articles/ASK2R36TBK2RULFA00J.html

 

ヤマト運輸といえば、言わずと知れた国内最大の宅配業者で、2013年からは佐川急便に代わって、Amazonの宅配業務を引き受けています。

いくらAmazonでも宅配のところまで自前で用意できないので、外部業者に委託するしかない。

で、2013年までは佐川急便に委託していました。

ところが、佐川も住宅地への配送は下請けに委託していたので、儲けは微々たるものだったようです。

増え続ける荷物、そしてAmazonとの運賃値上げ交渉決裂の末、2013年の春に佐川はAmazonとの契約を打ち切ることを決定。

 

その後、Amazonの宅配業務を引き受けたのがヤマト運輸なんですね。

ヤマトの場合は、自社ドライバーで運べるので外注費が発生しない。

だから、配送効率を高めることで利益が出る。ということで参入したものの、飛躍的に増えた荷物のおかげで現場はパンク寸前だということは結構以前から報道されてました。

 

アマゾンの配達 佐川急便が手を引きヤマトが引き受けた理由

「アマゾン多過ぎ」ヤマトドライバーから悲鳴続出

 

ちょっと前にも、佐川急便の従業員が荷物投げつける動画が拡散されてましたが、Amazonがなくても現場が荒れてるんですからね~。

 

ヤマトの現場が限界というのも、当然といえば当然ですね。

 

実際に体験していない自分には、現場の苦労や苦悩は想像でしか分かりませんが、いつも集荷に来てくれるドライバーさんのことを考えると、やっぱり同情してしまうな~。

ぜったい想像以上に過酷で、ブラックもいいところでしょうからね。

 

だからと言って、出荷の手を緩めたり、業者を変えたりするのはお門違いもいいところなのでそんなことはしません。

ただ、過酷な状況にも関わらず笑顔で集荷に来てくれることに、心から感謝ですね。

 

ちょっとくらい料金計算に時間がかかっても文句なんて言わない。

むしろ、

「いつもご苦労様です。」

って、コーヒーや栄養ドリンクを差し出して労をねぎらいたいなと。

 

社会問題になるくらいの大事ですが、自分のビジネスを縁の下で支えてくれている人に、今自分ができることをやっていくしかないですからね。

ヤマト運輸に限らず、どの業者さんでも同じように。

 

・・・というか、こんな状況関係なく、普段からそうしろよって声が聞こえてきそうですが、もちろん「いつも以上に!」ということですよw

 

ほんと、感謝っていうのは大切ですな。

 

で、今後のヤマトのサービスについては、どうなっていくのかまだ分かりませんが、少なくとも夜の9時や10時に集荷に来てくれることはなくなるかもしれませんね。

 

ドライバーさんからは、「集荷は夕方6時までなんですよ。」ってよく言われるけど、コールセンターに夕方6時以降に電話しても平然とその日中の集荷を受け付けてくれる。

まずは、この辺の歪みが改善されていくのかなと思います。

 

できるだけ早く出荷したい副業サラリーマンにとっては夜中の集荷はありがた過ぎのサービスですが、労働環境からするとどう考えても健全ではないですもんね~。

 

もっと大事になって破綻してしまう前に改善されて、結果Win-Winになることを願うばかりです。

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

それではまた!

2 Comments

Add a Comment
  1. FMCポータルツイートからです
    この件ですが、ヤマトは個人宅配がメインなので
    よほど酷い梱包していなければ今でもまだ忙しいで流通は済んでいます(改善が要らない訳では無いですが)
    問題は、再配達で行っても不在とか、同じ場所にアマゾンの箱がいくつもとか、再配達の時間が10時以降指定されたり早朝だったり
    これが酷い負担になっているそうです
    対策はしてますがまだまだで、宅配ボックスもコンビニ受取も始まったばかりで効果はまだ見えないらしいです
    引受は、深夜配達の合間でやっているようなので予定より遅くなって来てくれるのを容認すれば暫くは(断られない限り)感謝しながらお願いしても良さそうです。
    (長文失礼しました)

    1. コメントありがとうございます。
      なるほど。そういうことなんですね。
      確かに再配達が大変というのは聞いたことあったような気がします。
      深夜まで集荷に来てくれるのが続くのであれば、それはありがたいことですね。

      ただ、いつでも配送や集荷に来てくれて、再配達もいつでもしてくれるという
      ユーザ側からしたら超便利な仕組みそのものが、もう限界に来ているということでしょうから、
      ヤマトも私たちも考えを改めないといけないのは間違いないんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

副業!物販ビジネス実践ブログ © 2015 Frontier Theme